menu
閉じる
  1. 歯並びは仕事への影響が大!すぐに歯列矯正
閉じる
  1. 美容の面から審美歯科の活用方法を考える
  2. 口臭は絶対に避ける!歯周病には気を付けろ!
  3. 歯医者に行ってホワイトニングをしてもう一度恋愛をする
  4. 歯が全部なくてもオールオン4という希望がある
  5. インプラントでうつ病リスクや肉体への影響を回避
  6. 今から歯列矯正という人にはインビザライン
  7. 歯並びは仕事への影響が大!すぐに歯列矯正
閉じる

歯科の側面から見た、歯に関する私生活への影響

虫歯になったから歯を治す。いえいえ、歯医者の役割はこれでだけではないんです。あなたの健康や肉体にとって本当に重要な役割を担っているのがあなたの歯や口なのです。ここで紹介するのは、歯科はあなたの健康にどのようなメリットをもたらすのか?また、歯の健康をないがしろにした場合、一体どのような状況を引き落とすのか?幅広くご紹介します。

綺麗な歯

歯科の側面から見た、歯に関する私生活への影響

歯は物を食べるときにかみ砕くためにあるだけでなく、あらゆる健康作用を身体にもたらしています。
一方で、歯の一部が抜けてしまったり虫歯を放っておいて歯がなくなってしまったりしても、その場で直接命にかかわるものではないため軽視されがちというのも事実としてあります。
しかし歯科の側面からすると、歯は私生活に強く影響を与えるもので、人の生活に密着しています。
歯をおろそかにしていると、身体的にも健康を保てなくなるということです。

現在、平均寿命は延びているものの、歯の寿命はそれほど延びていません。
これは歯磨きや歯の手入れといった基本的な教育が身近に行われておらず、結果的に推奨されていない磨き方を続けてしまっている可能性が大いにあるからとされています。
歯科の側面から見た場合、歯に塗るフロスなどを付けただけで歯の健康を保てるということはなく、それも磨き方次第で大きく効果が変わってきます。
たとえば、乱暴に強く歯の肉を含めて磨いてしまうと、歯のまわりの肉は後退していってしまいます。

歯を失う、あるいは歯が不健康のまま放っておかれている状態は、口が臭くなるといったものから身体的な健康面での影響まで、幅広く出てくるのが特徴です。
たとえば虫歯だけでなく歯の病気にかかったとしても痛みがないために放っておいたときに併発される病気として、心筋梗塞や狭心症などが挙げられます。
歯に住み着いた病原菌などの働きによって動脈硬化になる誘導物質が根っこの方から血液に流れていき、結果的に血管に不純物を増やしてしまうケースがあります。

動脈硬化や狭心症といったものを患ってしまうと歯科だけでなく別の病院にも通院しなければならず、私生活への影響は大きなものとなってしまいます。
また近年の研究により、歯の健康はより身体に密着していることが分かり、身体全体のバランスや、顔つき、内臓器官にいたるまで様々な影響を与えていることが結果として発表されています。
たとえば歯並びが極端に悪い状態を放っておくと、自覚症状が無いまま身体がゆっくりと曲がっていってしまうなどです。

顔の表情も歯の影響によるところが大きく、歯並びが悪い状態を放っておくと、笑顔が不自然になったり、親知らずが押していることによって骨が圧迫され、表情にも無自覚に変化が起きてきます。
病気ではありませんが、これも私生活に徐々に悪影響を与えていくケースです。
このように、歯は人間の生活に密着に関与しています。

お役立ち歯科情報

この記事を読んで一度歯科で歯を見てもらいたいと思ったら藤沢の歯科に行くと良いでしょう。
藤沢市は神奈川県の相模湾に接した街です。
交通網が発展しており、埼玉や東京からも通院しやすく、歯医者の技量も高いので足を運ぶ価値があります。
悩む前に相談だけでもしてみると良いでしょう。

また、歯並びが気になるという方は、横浜市の矯正歯科に行くと良いでしょう。
矯正治療専門の歯科医院なので安心して治療を受けられるはずです。
交通の便も藤沢と同じく利便性が高いのでオススメできます。

外国と日本の歯科への考えの違い

外国と日本の歯科への考えの違いも、日本人と外国人の歯の健康状態の違いへと直接結びついています。
たとえば外国では、虫歯などの治療を行ったあとに銀歯を詰めるということはほとんど無く、白いセメントなどの詰め物で目立たなくさせるというのが常識です。
一方で日本は銀歯や金歯が常識としてあるため、海外で銀歯だらけの日本人は特に悪目立ちしてしまうという側面があります。
これは歯科の違いだけでなく、歯の美意識に対する一般的な教育の違いが出ています。

外国では日本以上に歯はとても大事だと教育され、虫歯などの歯に関する病気はもちろんのこと、歯並びに関しても特に気をつけるように教育されます。
対面したときに相手への印象を良くするというだけでなく、歯並びなどの健康が身体にも良い影響を与えることを子どものころから教育しているためです。
一方で日本の場合は歯は身近であるとされながらも、対象が虫歯などに限られており、身体への注目までに行き届いていない傾向があります。

このような考えの違いが歯科への考えの違いにつながり、虫歯になったら歯医者に行けば良いという考えが定着してしまっているのが現状です。
昨今の歯科の機械的技術の向上によって、あまり痛くない治療や、麻酔を使ったより高度な治療が主流となっているため、容易に治せるものという認識が歯の病気を進行させてしまう要因にもつながっているとされています。
日常的な歯を手入れする時間にも日本と外国では大きな開きがあるとされており、早急に改善すべき課題のひとつです。

また、一度歯医者に通院すると何度も通わなくてはならないという手間によって、虫歯になっても我慢できる痛みであれば放っておくというケースにつながってしまっています。
これも外国と日本の違いで、外国での虫歯の治療は基本的に1日の集中治療で完了させます。
一方で一度に支払う金額は外国の方が高くなりますが、軽度から中度程度の虫歯であれば1日で治せるため虫歯になったらすぐに歯科にかかるという常識が根付いています。

日本の場合は一度の金額は安価なものの、何度も通院する必要があり、また待合室での待機時間も外国と比べて長いことが、歯医者が遠ざけられる要因となっています。
また、金額も、一度に払うのは安くとも、何度も通うことによって結局それなりの金額になってしまうという分割方式が手間ということも挙げられます。
このように外国と日本の歯科への考えの違いが、歯の健康そのものへの違いへとつながっているのが現状です。

ピックアップ記事
  1. 仕事をする上で、顧客や会社の同僚などに対して与える印象は、その後に信頼関係を築けるかということに大き…
おすすめ記事
  1. 美容の面から審美歯科の活用方法を考える
  2. 口臭は絶対に避ける!歯周病には気を付けろ!
  3. 歯医者に行ってホワイトニングをしてもう一度恋愛をする
ページ上部へ戻る