menu
閉じる
  1. 歯並びは仕事への影響が大!すぐに歯列矯正
閉じる
  1. 美容の面から審美歯科の活用方法を考える
  2. 口臭は絶対に避ける!歯周病には気を付けろ!
  3. 歯医者に行ってホワイトニングをしてもう一度恋愛をする
  4. 歯が全部なくてもオールオン4という希望がある
  5. インプラントでうつ病リスクや肉体への影響を回避
  6. 今から歯列矯正という人にはインビザライン
  7. 歯並びは仕事への影響が大!すぐに歯列矯正
閉じる

今から歯列矯正という人にはインビザライン

歯ならびが良いことは、見た目が好印象になることはもちろん、歯や身体への健康にも良い影響があります。
また、滑舌がよくなったり、歯ならびのコンプレックスが解消することで、自分に自信がもてるなどのメリットもあります。
歯列矯正というと、子どもがするもの、というイメージがある人もいるかもしれませんが、じつは大人になってからでも歯列矯正をすることは可能です。

歯列矯正というと、従来はワイヤーと金属のブラケットを使用したブラケット矯正が一般的でした。
しかし金属とワイヤーを使用したブラケット矯正は、とても目立ちやすい、激しいスポーツなどをすると腔内を傷めることがある、などといった点がネックでした。
最近では、プラスチックでできた透明なマウスピースを使用した、インビザラインという歯列矯正が高い注目を浴びています。

インビザラインの特徴は、何といっても外見が目立ちにくいという点です。
ですので、仕事の都合上矯正器具をつけられないという人も、インビザラインなら安心して歯列矯正の治療を受けることができます。
クリニックで患者さん専用のマウスピースを作製してそれを着用し、少しずつ歯を動かして歯ならびを良くしていきます。

インビザラインによる歯列矯正は、マウスピースを着用して行うので、歯みがきや食事、楽器の演奏など、自分の都合によっていつでも取り外しすることが可能です。
ただし、一日のうちでマウスピースを着けておく時間というのは決まっていますので、着用を怠ったままにしておくと、いつまでたっても歯列矯正が進まない、ということになってしまいます。
そのため、ある程度自己管理をすることが必要となります。

インビザラインの類似矯正方法に、クリアアライナーという方法があります。
クリアアライナーとインビザラインとの違いは、インビザラインがすべての歯を矯正対象にしてるのに対して、クリアアライナーは前歯の見える部分のみを矯正対象にしていることです。
ですので、前歯だけ矯正したという人には最適です。

今まで歯ならびにコンプレックスがあったけど、矯正器具に抵抗があって歯列矯正に二の足を踏んできた、という人にインビザラインはおすすめです。
ただし、口腔内の状態によっては適応できないこともあるので、治療を受ける前にドクターに一度相談してみるといいでしょう。
治療を受ける場合は、信頼ができて正確な治療が行える、知識豊かなドクターを選ぶようにしましょう。

関連記事
おすすめ記事
  1. 歯並びは仕事への影響が大!すぐに歯列矯正
ピックアップ記事
  1. 仕事をする上で、顧客や会社の同僚などに対して与える印象は、その後に信頼関係を築けるかということに大き…
おすすめ記事
  1. 美容の面から審美歯科の活用方法を考える
  2. 口臭は絶対に避ける!歯周病には気を付けろ!
  3. 歯医者に行ってホワイトニングをしてもう一度恋愛をする
ページ上部へ戻る