menu
閉じる
  1. 歯並びは仕事への影響が大!すぐに歯列矯正
閉じる
  1. 美容の面から審美歯科の活用方法を考える
  2. 口臭は絶対に避ける!歯周病には気を付けろ!
  3. 歯医者に行ってホワイトニングをしてもう一度恋愛をする
  4. 歯が全部なくてもオールオン4という希望がある
  5. インプラントでうつ病リスクや肉体への影響を回避
  6. 今から歯列矯正という人にはインビザライン
  7. 歯並びは仕事への影響が大!すぐに歯列矯正
閉じる

歯並びは仕事への影響が大!すぐに歯列矯正

仕事をする上で、顧客や会社の同僚などに対して与える印象は、その後に信頼関係を築けるかということに大きく影響してきます。
そして印象を良くする上で歯並びは無視できないポイントです。
なぜ歯並びが重要なのかという理由は次のようなことです。

まず、相手に良い印象をあたえるためには、笑顔は欠かせません。
そして笑顔は歯を見せるので、歯並びの良さが大事なのです。
歯並びが良ければ相手は自分に対して、「健康」「さわやか」「誠実」と言った良いイメージを抱きます。
逆に悪いと「不健康」「不潔」「信用できない」というイメージが浮かんでしまうのです。
仲良くなろうとしても、第一印象が悪ければそれを払拭するためにかなりの時間を費やさなければいけません。
本来ならばしなくてもいいことをするのですから、仕事の効率は悪くなります。

他の理由としては、歯を他人に対して自信を持ってみせることが出来るかということです。
歯並びが悪くて相手に不快感を与えるかもしれない、というネガティブな思考を抱いていれば、営業や打ち合わせなどをするにしても積極的に話をしようと思えなくなります。
話を円滑にできなければ、仕事に悪い影響が出ることは避けられません。
歯並びのことなど気にせず、自分の考えていることを自由に話すことが出来るポジティブさが仕事をするためには必要なのです。

では歯並びに問題がある人が、歯列矯正をするとしてどのような方法があるのかを考えてみましょう。
歯列矯正というと、歯にブラケットという器具を取り付けてワイヤーで繋げる方法が主流です。
子供が歯列矯正をするというときには、大抵この方法が使われます。
しかし、仕事をしている大人の場合には器具が見えてしまうのは、なるべく避けたいところです。
見た目には歯列矯正をしているとはわからない方法として、歯の裏側に器具を取り付ける裏側矯正という方法があります。
誰にも気が付かれない内側に歯列矯正を行えるので、会話や食事を気兼ねなく行なうことが出来ます。

他には軽い歯並びの乱れであればマウスピースを付ける方法もあります。
透明なマウスピースなので近づかないとわかりませんし、食事中などに取り外す事ができ痛みも少ないので負担は少ない方法です。

歯列矯正をするときの選び方は、最新設備が整っているかどうかということ、日本矯正歯科学会の認定医・専門医であるかを確認してみると良いでしょう。
認定医は学会の厳しい審査を通過しなければいけないので、その技術の裏付けになります。
専門医はその認定医の中でもさらに試験に合格した人でなければいけないので、さらに信頼性が増します。

関連記事
おすすめ記事
  1. 歯並びは仕事への影響が大!すぐに歯列矯正
ピックアップ記事
  1. 仕事をする上で、顧客や会社の同僚などに対して与える印象は、その後に信頼関係を築けるかということに大き…
おすすめ記事
  1. 美容の面から審美歯科の活用方法を考える
  2. 口臭は絶対に避ける!歯周病には気を付けろ!
  3. 歯医者に行ってホワイトニングをしてもう一度恋愛をする
ページ上部へ戻る